トリビアで論文建築

今日は、“トランスフォーマー”を一家で観てきました。

と〜〜っても面白かった。

さすが、スピルバーグ、画面を一瞬たりとも眼を離させない。

シリアスヒューマン物が好きな人は“ちょっと…。

だからギリシャ紀行に入ったばかりですが、おかげさまで! 来客13,333人!突破 です。

ありがとうございます! ということでゾロ目恒例、我が dxb・lab の最新プロジェクトの紹介です。

今回はまさに目下デザイン進行中のプロジェクト。

しかもあの4匹のアゲハのサナギですが、コアなファンのために続報です。

1匹が昨日から、なんだか黒くなりまして、「まずい死んじゃったか?」と 思わせるような色になってしまいました。

他の2匹は、茶色。

そして、もう1匹はなぜか緑色のままなのです。

クルマを止めて小学校のグランドを覗いた。

妻や義弟が通学している時は木造校舎だったが立派な校舎になっていた。

ここららあたりの学校や病院は戦時中の陸軍の建築物利用が多く同じような木造だった。

済生会習志野病院も国立病院だった頃は木造だった。

建築をやってみたいと思ったので、なんと (◎o◎)/ こんな巨大建築物を築き上げた昔の人って凄いね 城内はくまなく展示場と化しており、相当数の展示物が有るんだけど、その分結構アチコチ歩かされて疲れた(^^ゞ これでオリジナルの建築だったら感動もひとしおだったのにね とは言え
posted by まるちゃん at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲルマニウム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53703501

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。